本当に良いスキンケア化粧品とは?人気コスメ通販・おすすめサロンコスメ

人気コスメ通販TOP

▼新規会員登録<特典>

新規会員登録で特典がいっぱい

人気の通販コスメをカテゴリーで探す人気コスメ通販

営業日カレンダー
2017年 08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
お役立ち情報タイトル

本当に良いスキンケア化粧品とは?

同じ化粧品でも、その素材や成分の働き、効果実績などが十分に説明され、正しく使われた場合と、何の説明もなくいい加減に使われた場合では、その化粧品に対する満足、つまり有効性が大きく違ってきます。

 

化粧品には、どんな効果が期待できるのでしょうか。また、化粧品の有効性は、科学的にどこまで証明されているでしょうか。
「クチコミがいい」「有効成分がすごい」という化粧品を使ってもあまり効果を感じられない…。さらに肌トラブルになってしまった。という経験がありませんか?
考えられる原因は2つです。化粧品が肌に合わないもしくは間違った使い方をしているかもしれません!

 

スキンケア化粧品の役割を知る

“を清潔に洗う(クレンジング・洗顔)

洗顔はお手入れの原点なのです。しかし、この最も基本的な手入れである洗顔ステップは、あまりに日常のことになりすぎて、うっかりするといい加減になりがちになります。

 

そもそも顔の汚れとは?

 ◇外部から付く汚れ・・・ メイクアップ料の残り、目に見えないホコリなど。
 ◇肌の内部から出てくる汚れ・・・ 皮脂、「垢」不要な角質。
汚れを落とすには、その汚れの性質、特に水に溶けるのか、油に溶けるのかを知り、正しい洗顔方法で顔の汚れを落し肌の清潔さを守りましょう。

 

肌をしっとり整える(トーニングローション・化粧水)

化粧水の最大の効果は、肌を保湿して、キメを整えることと言われています。
洗顔後の肌は、保湿に必要な成分や油分も、汚れと共に落とされてしまった不安定な状態ですので、化粧水で水分と保湿成分を補うことで、お肌に潤いを与え、続く美容液なども浸透しやすい状態に整えます。
洗顔後、できるだけ時間を空けずにケアすることと、軽く「パッティング」「ローションパック」などが整肌効果を高めてくれます。

 

Hを外敵から守る(美容液)

基礎化粧品の中でも、特別なケアをしてくれるのが美容液です。
「化粧水では少し物足りない」、「しわをケアしたい」など、ちょっとした悩みを抱えている方、プラスアルファのケアを望んでいる方にオススメです。
美容液の効果は種類により様々ですが、有効成分が濃縮して配合されていて、気になる箇所に、潤いや美白、アンチエイジングなど、目的に沿った集中的なケアができます。
美容液は、少量で効果は絶大と言われておりますので、付けすぎたり、重ね塗りには気をつけましょう。

 

との細胞を生き生きさせる(乳液)

乳液は化粧水と違い、20%〜30%の油分が含まれています。
それは化粧水や美容液の成分をお肌に閉じ込め肌の細胞を生き生きさせ、「お肌に潤いを与える+蓋をして乾燥を防ぐ」という二つの効果を持っています。
更に乳液の後にクリームをプラスすることで更に効果を発揮します。
肌質にあった乳液を選び、肌ケアを心かけましょう。

 

トを気持ちよくさせる(クリーム)

スキンクリームとは、肌に浸透させた化粧水や必要な皮脂が肌から蒸発していかないように閉じ込めておく基礎化粧品のひとつであり、その役割からスキンケアの最後に使います。
油分が多く、こってりとしたテクスチャが特徴で、主に就寝前のナイトクリームが挙げられます。つけ方にも工夫しておけば乾燥から肌を守ることができます。
まず、化粧水をつけたあと5分ほど置いてから乳液や美容液をつけましょう。
それからさらに5分ほど空けてからスキンクリームをつけますが、量に注意します。小指の先くらいの量で十分。あまりつけすぎるとテカリやベタつきの原因につながりますので注意しましょう。
使用後にベタつきが気になるようであれば、ティッシュで軽く抑えたり、使用量を減らしたり工夫しましょう。

 

毎日使うスキンケア化粧品は、日々の食事で取り食品に近いものであり、使い方や使用する量、組み合わせなどバランスをきちんと考えることが必要です。

 

本当に良いスキンケア化粧品、サロン品質の実感ホームケアブランドコスメはこちら。

ページトップへ