美容のプロが教えるオイルマッサージ|人気コスメ通販・おすすめサロンコスメ

人気コスメ通販化粧品のサロンコスメTOPへ
営業日カレンダー
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
休業日
PR

エステ用品/美容商材の卸し通販なら美セラ

 
お役立ち情報タイトル

ワンランク上のオイルマッサージ・テク

≪オイルマッサージの効果≫

オイルマッサージの効果オイルマッサージのテクニック習得には、
まずその効能について知っておくことが大切です。
そもそもマッサージだけでも、
筋肉のコリをほぐすことができ、血流やリンパの流れが良くなります。
そこにアロマオイルをプラスすることで、
相乗効果となりさまざまな効能が期待できるのです。
アロマオイルを体に塗るだけでも肌に潤いがもたらされますが、
アロマオイル成分や香りによる生理的な作用もおきます。


自律神経系やホルモンの作用、脳の神経系の作用などです。
こうしたオイル×マッサージの相乗効果をまとめると、主に次のようなものが挙げられます。

≪オイルマッサージのコツ≫

オイルマッサージのコツオイルマッサージはプロのエステティシャンにやってもらうのが1番ですが、
ちょっとしたコツをつかめば自分自身に、またパートナーにやることもできます。
そこでいくつかポイントを紹介しましょう。
まずマッサージは、体が温かい方が効率よく血流を促進できますので、
入浴後に行うのがベストタイミングです。
基本のマッサージは、どの部位でも心臓の方向に向かって手をすべらす(さする、もむ)ことです。
マッサージする部分に手のひらをあて、オイルを塗りながらまずは優しくさすっていきます。

すると、筋肉が硬くなっている部分や血行が悪くなってリンパが液たまっている部分などが
なんとなく分かるようになってきます。
その部分を中心に親指を動かしながら揉みほぐして下さい。
強い力は必要ありません。
しばらく揉んで、血流やリンパを流すように親指を動かせば
コリがスーッと消えたような感覚が得られます。その感覚が大切です。
オイルマッサージをすると体の中の老廃物が外に出ようと働きますので、
マッサージ後にしっかり水分補給をしましょう。デトックス効果が高まります。
またアロマオイルは洗い流す必要はありません。
軽く抑えたり、拭き取るだけでOK。

アロマ成分の浸透を促すために、マッサージ後には全身をタオルや毛布でくるみ、
ゆっくり休むことが効果を高めます。

ボディクリーム/オイルの一覧はこちら


スポンジ・パフで美肌に差がつく

美肌作りにはツールにもこだわりましょう。洗顔用、クレンジング用、さらにリキッドファンデーション用などスポンジを使いこなせば、毛穴レスに近い肌を作ることができます。
・・・つづきはこちら

ワンランク上のオイルマッサージ・テク

オイルマッサージはアロマオイルとマッサージの相乗効果によってその効果が生まれます。そこで手技のポイントを覚え、香りや成分による作用を十分理解することがより効果を高めます。
・・・つづきはこちら

脂性肌のスキンケアポイント

脂性肌は、皮脂の分泌が過剰になっている肌質。にきびや吹き出物のトラブルが起きやすい肌です。しかし、洗顔でゴシゴシと皮脂を取り過ぎるとかえってトラブルになるので要注意です。
・・・つづきはこちら

乾燥肌のスキンケアポイント

乾燥肌は、皮膚のバリア機能が低下し、水分量が少なくなった肌状態です。ちょっとした刺激にも敏感に反応するようになります。そこでバリア機能を高めるセラミド入りの化粧品を選ぶとよいでしょう。
・・・つづきはこちら

混合肌のスキンケア・ポイント

混合肌は、異なる肌質が混じり合っている肌状態のこと。とくに乾燥肌と脂性肌の部分があったり、季節で変わりやすい特徴があります。お手入れはその部分、その時々の肌に応じた手入れをすることです。
・・・つづきはこちら

白い肌色は七難隠すの?

色白の肌は紫外線に弱く、シワになりやすいのに対し、色黒の肌は日焼けしやすくてもハリとツヤがあり若々しく見えます。本当に美しい肌は生活習慣や心の健康、前向きな生き方から生まれます。
・・・つづきはこちら

「自称敏感肌」が多いわけ

女性の「自称敏感肌」は全体の6〜7割とも言われます。その多くに共通するのは、肌が不安定な時期の肌荒れを、肌質が理由だとする勘違いです。生活を振り返り「脱・自称敏感肌」を目指そう!
・・・つづきはこちら

たっぷりの睡眠は美肌への近道

美肌づくりに欠かせない成長ホルモンの分泌が最も多いのは午後10時〜午前2時ですが、最近では入眠後3時間が最大だと解明されています。就寝前の入念なケアで、美しい肌で目覚めましょう。
・・・つづきはこちら

「美肌・25歳神話」の真相

「25歳はお肌の曲り角」は、某化粧品会社の古い宣伝コピーで、科学的根拠はありませんが、25歳はお手入れ次第で「お肌の分かれ道」となります。保湿と紫外線ケアは早い着手ほど有利です。
・・・つづきはこちら

美肌にまつわるウソ・ホント

洗顔は人肌程度の温度で行うのが理想です。化粧水はコットンでも素手でも大差なし。自然派化粧品は天然成分にかぶれる場合も。界面活性剤は、安全性が確認された成分を最小限度配合しています。
・・・つづきはこちら

やってはいけない!美肌づくりのタブー

我流のスキンケアは、肌を傷める可能性があります。洗顔やクレンジングの誤った方法は肌の老化を早めます。食品を肌にのせる美容パックはNG。安価なブラシ類はシミのもとです。
・・・つづきはこちら
PAGETOPへ戻る

ページトップへ