正しいスキンケアのための洗顔とクレンジングの基本。人気コスメ通販・おすすめサロンコスメ

人気コスメ通販TOP

▼新規会員登録<特典>

新規会員登録で特典がいっぱい

人気の通販コスメをカテゴリーで探す人気コスメ通販

営業日カレンダー
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
 

クレンジングと洗顔の基礎知識

美肌づくりには、クレンジングと洗顔が大切です。

乾燥小ジワやシミ、くすみ、ごわつきは、エイジングサインと思っていませんか?
実はその原因、加齢ではなく爛レンジングにあったかもしれません。
いつものメイク落としや洗顔のやり方を変えることによって肌荒れや炎症といったトラブルの改善につながり、美肌つくりのための基礎となるのです。


クレンジング剤にはどんな種類があるの?

オイルクレンジング

クレンジング剤の中で最も洗浄力が高いです。
さらさらした液体状でマスカラやファンデーションを一気に落とすことができますが、洗浄力が高い分、皮脂や油分なども落とし過ぎてしまうので、敏感肌や乾燥肌の人が使用するとカサカサの原因の1つにもつながります。
ですから、オイルクレンジングは、オイリー肌や皮脂汚れが気になる人、しっかりとメイクを落とした感じが好きな人におすすめ。

ジェルクレンジング

ジェルクレンジングはトロっとしていて弾力があるので肌への摩擦が起きにくく、扱いやすいのが特徴です。
お肌の上でなじませることで、体温により液状に変わります。
「乾燥が気になるけれど、油っぽいのもちょっと…」という方にピッタリです。
※比較的どのお肌にもお使いいただけます。


クリームクレンジング

油分と水分のバランスが良く、弾力やハリが低下しているときにマッサージクリームとしても使われます。またうるおいを保ちつつクレンジングができ、肌への刺激が少ないです。
オイルタイプよりは洗浄力が弱く、洗い上がりのべたつき感が苦手という方からは敬遠されがちです。
※比較的どのお肌にもお使いいただけます。


ミルククレンジング

ミルクタイプのクレンジングの特徴はなんと言っても肌への負担が少ないことです。
乳液のような柔らかい肌触りなので肌に優しくメイク落とすことができます。
水分の多さから、お肌への優しさの点では良いのですが、メイクへの馴染みにくさがあります。
敏感肌や乾燥肌、軽いメイクをした人にはおすすめ。


拭き取りタイプ

水を使わずにクレンジングをしたいときに便利なタイプです。
旅程や急ぐ時などにも適しています。


クレンジングの正しい手順

アイメイクやポイントメイクには専用爛螢燹璽弌辞瓩農茲僕遒箸靴討ら顔全体の
メイクオフすることが美肌のワンポイント。

すべて一緒にメイク落とししてしまうと目の回りの色素沈着が進み、老け顔の原因にもつながります。


1.適切な量がポイント

各クレンジング剤によって1回の使用量は異なるので、説明書などで確認しておきましょう。
少ないと顔と手の間で摩擦が起きてしまい、肌に負担がかかり肌を傷めることになります。 またこの時、手も顔も乾いた状態であることが重要となります。ぬれた手がメイクの油性成分となじみにくくなり、うまくメイク汚れが落ちず肌に残ってしまうことになります。

2.クレンジング剤を肌になじませる

Tゾーンなど、顔の中でも皮脂がたまりやすい部分からクレンジング剤をなじませていきます。
丸く円を描くように指を動かしながら、優しくなじませていくのがポイントです。
ゴシゴシ擦ると肌に負担がかかるので気をつけましょう。

3.細かい部分は丁寧に落とす

目元や口元などメイクの汚れがたまりがちなところに、ていねいにのばします。
ここは皮膚が弱くデリケートなので、優しくていねいに指先でくるくる円を描いてなじませます。
あまり時間をかけると、うるおいまで奪い、肌によけいな刺激をあたえるので気をつけましょう。
5〜10分間の間、顔の内側から外側へと、筋肉に沿ってマッサージをするように行います。

4.拭き取り

拭き取りタイプのものは、ティッシュやコットンなどで優しくふき取ります。
つよくこすると肌荒れを起こすので注意しましょう。

5.クレンジング剤を洗い流す

ぬるま湯できれいに洗い流します。水だと油分が固まってしまいがちなので、おすすめしません。
とくに生え際などのフェイスラインはクレンジング剤の残りが肌トラブルの原因にもつながりますのでご注意しましょう。
多少ベタつきが気になる方は、洗顔料で洗い流すことをおすすめします。



毎日の洗顔で差をつけましょう

肌バリアを壊さない洗顔

美肌のためには朝晩の洗顔が大切です。
とはいえ、洗顔方法によっては、反対にお肌の具合を悪くしてしまうこともあります。


皮脂の分泌量やお肌の潤いは、日々変化していきます。
新陳代謝に必要な肌バリアを壊さないためにも、お肌の状態によっては、朝の水洗顔も採り入れましょう。
その分、皮脂を落とすための洗顔は、夜にしっかりと行います。


正しい洗顔の手順

1.手洗い後に適量の洗顔料を手のひらに

洗顔の前に手を洗います。洗顔料の泡立ちを良くするために、手の脂分を取り除くためです。
洗顔料は約1センチから2センチほどを目安に手のひらに乗せます。
肌状態をみながら朝は水洗顔に変えるなど工夫してみましょう。


2.白くなるまで泡立てます

手のひらに乗せた洗顔料を、水を加えながら円を描く感じで指を動かし、空気を含ませるように白くなるまで泡立てます。
泡立てネットを使うのも良いでしょう。


3.泡の大きさは玉子ひとつ分

ゆっくり60秒ほど泡立ててゆくと、大きな泡ができあがります。
泡を分けた時に、角が立つくらいが理想の泡です。


4.洗顔はTゾーンからはじめましょう

洗顔は皮脂量の多いTゾーンから始めます。
Tゾーンの次はあご、そして頬の順に泡を乗せていきます。
決してお肌をこするのではなく、泡を手のひらで転がす感覚で洗うようにします。
頬や目の周り、口周りには泡をつける時、皮膚にじかに触らないくらいの軽いタッチで、つけて行きます。
頬や目のまわりは乾燥しやすいので、泡を置くだけでも十分に汚れはくるみ取られます。
(脂性肌の人に限っては、多少指の腹で皮膚をなでるように洗っても大丈夫です。)
この洗い方を間違えると、洗った後の目元のつっぱり感や頬の乾燥、口の周りのカサつきが起こりますので、気をつけましょう。
また、首もいっしょに洗うと、首のシワやたるみ予防につながります)


5.20回のすすぎ

洗顔に適した水の温度は、36℃程度とされています。
少しひんやりするくらいがちょうど良く、泡がなくなるように20回を目安にすすぎを行います。


6.タオルでこすらない

顔を拭くとき、タオルでこすってしまいがちですが、お肌のためには優しくそっと押さえるくらいがベストです。


サロンコスメでは、エステサロンやメイクアップサロンで使用されている実感の洗顔料、クレンジングをご紹介しています。

ページトップへ